Feed on
Posts
Comments

Monthly Archive for 3月, 2010

午前中にベンチのワックス塗装を終え、乾燥中。 先日カメラマンの松野さんから連絡が入り、今日、二人の共通の知り合いであるLeeさんを連れてSIGNを訪ねるという事だった。 僕が一番年下だけど、このまったく境遇の違う三人には […]

Read Full Post »

落語のような生活感の無さ

東京学芸大附属幼稚園へ納品する「杉の子ども用ベンチ」。注文は1脚だが、材料の取りや今回のコストを考えて2脚作った。 ひとつは在庫として置いておこうと思って。売れるかどうか分からないけど、カラーワックスで着色してひと手間掛 […]

Read Full Post »

飛び込みの仕事が入ったので、進行中の仕事の手を少し止めて、今日は朝から作業をしていた。 以前、ある幼稚園のために作った「杉の子ども用ベンチ」を今年度中に一脚だけ欲しいという依頼だった。 それがまた東京のとある幼稚園の先生 […]

Read Full Post »

製作日誌はこの記事の下にあります。 さてさて新年度、新たなスタート。 SIGNの写真茶話会11を開催します。 4月3日(土) 10:00〜12:00 基礎講座 (定員7名) 13:00〜17:00 表現講座 (定員7名) […]

Read Full Post »

家族の食卓を作るのだ

今とりかかっている仕事の打ち合わせに、依頼者である友人が三重からはるばるSIGNへ訪ねてくれた。 午前中に到着し、結局夕飯まで一緒に食べながら、一日それについて話し合った。 作るほうも作るほうなら、それに付きあう客も客だ […]

Read Full Post »

走って脚でデザインする

こないだの土曜日は、例のクリスチャンの友人の依頼の打ち合わせで、三重県桑名市まで行ってきた。 この話が始まってから、何を作るかもしっかりと決まっていなくて、ただ時間が過ぎていき、それさえも聖書の中から読み解いていこうとい […]

Read Full Post »

素材であれ、手法であれ、僕は、それによってしか作れないものを作っているだろうか。 そんなことを考えながら、目の前のガラス作品を眺めていた。 以前作らせていただいた、あの泣ける募金箱の仕事を振っていただいた、ガラス作家の丁 […]

Read Full Post »

全財産でうどんをおごる

今日、写真学校時代の教え子が三人訪ねてきた。 一人は長野県の写真館の息子で、店で写真教室をやりたいというから、少しだけ僕の教え方をアドバイスした。 そんなことをするようになったか。

Read Full Post »

最近製作日誌を書いていなかった。それは、かなり大きな山に立ち向かわなければならなくなっているから。 大きな仕事という意味ではないが、大きな意味を持つ仕事であり、かつてない難解な仕事であることは間違いない。 何を作るのかさ […]

Read Full Post »