Feed on
Posts
Comments

Monthly Archive for 5月, 2010

クラフトフェアへ行けない

長野県松本市で毎年行われているイベント「松本クラフトフェア」へ、ずっと行こうと計画していたのだが、仕事に区切りが付かず今回は断念する事にした。 今年は本日29日(土)と30日(日)の二日間。 行きたかったのはこのイベント […]

Read Full Post »

ガラス棚の存在感と

今日、シェルフに使うために注文していたガラスが仕上がってきた。 8段ある棚の内、1段がガラス棚なのだ。 いつもお世話になっているガラス屋さんに、値段も聞かず希望を言って注文したので、いくらかかるか内心どきどきしていた。や […]

Read Full Post »

製作日誌はこの記事の下にあります。 SIGNの写真茶話会13を開催します。 6月12日(土) ※都合により第一土曜日ではありません。 10:00〜12:00 基礎講座 (定員7名)現在予約2名 13:00〜17:00 表 […]

Read Full Post »

シンボル

棚板の仮付けをし、旋盤作業をした。 これがガラス棚を支える柱と引き出しの取っ手になる。 このデザインが、これから商品開発していこうとするSIGNのオリジナル家具のシンボルデザインにしていこうとするもの。 今回はそれを用い […]

Read Full Post »

トリマービットもしかり。今回量が多いのは確かだが、刃物の消耗が激しくて。 最後はほぼ手作業の摩擦系作業でこの形に仕上げた。結局時間はかかっても、摩擦系作業で何でも作れる気がする。多分それが好きなんだろう。 棚板も切りっぱ […]

Read Full Post »

立体になる時、現れる感じ

自動鉋盤も快調に仕上がり、今日は勢いで棚板の切り抜きまでいった。 棚板の仕上げまではあと数工程あるが、我慢できずにフレームに乗せてみた。 この丸み、狙った以上だ。

Read Full Post »

他人以上、機械未満

板はぎの待ち時間を使って、ふたつの鉋盤の刃を交換するつもりが、予想以上に時間がかかってしまった。 作業を進めたい気持ちに反してこういうことをしなければならない。なかなか読めない。木工における技術とは、木を加工する技術では […]

Read Full Post »

自然に手を加えるからこそ

シェルフの棚板を作ろうと手押し鉋盤をかけていたら、たちまち刃がなまってきた。その後の自動鉋盤も同じく。 ぎりぎりなんとかなったものの、明日にでも刃は交換しなくてはならない。 今回部材が多いせいもあるが、恐るべしナラ材。機 […]

Read Full Post »

これはなんのシンボル?

昨日頼まれた仕事を午前中にやっつけた。これを一体成形で作る意味ってあるんだろうか。 上下別々に作って柱にプスッと刺す方がいい気がする。裏からビスでも打ち込んどけば抜けないし。 四角を残せだなんて、結構スリリングな作業だっ […]

Read Full Post »

シェルフのフレームが組み上がった。 この作業中、こういう時にかぎって来客があり、あせって危うく間違えるところだった。 来客といっても顔なじみで、一人は明日香の不動産屋さん。このSIGNの場所を紹介してくれた方で、以来おつ […]

Read Full Post »

Older Posts »