Feed on
Posts
Comments

Monthly Archive for 4月, 2012

くらげの森へようこそ

予定していた数の半分になったけど、とりあえず完成した。 これから搬入だ。 いよいよ本日より個展が始まります。

Read Full Post »

ふんわりくらげパン

パン屋に転向しました。新作が焼き上がりました。 自分でも驚くくらいみるみるできていく「くらげスツール」。 普段の仕事では悩みながら苦しみながら歯ぎしりしながら作っているのに、なんなんだこのペースは。僕は実はフリーハンド向 […]

Read Full Post »

「SIGNの家具展」4/28-30開催

いよいよ近付いてまいりました。初個展。 製作日誌を御覧の方はこの状況をご理解いただいているとは思いますが、たいへん差し迫っております。 どれほどのことをお見せできるか分かりませんが、とにかくやれるだけのことはやります。 […]

Read Full Post »

テーブルの塗装も終わり、すかさず次の作品へ。 残された一週間で作るものは「くらげスツール」に決めた。 こないだひらめいた個展のテーマ「フリーハンド」といえば、去年の震災後茨城県笠間市で開催された陶炎祭に出品したスツールを […]

Read Full Post »

教室を抜け出して

テーブルは一回目の塗装までできた。けっして早くはないけど、これだけの作り込みをしてこのペースなら悪くはない。 しかしこれがこの時期、この状況でなければ。 あと一週間か。 午前中脚部の組み立てをして接着が固まるまでの時間を […]

Read Full Post »

夜9時までかかって脚4本の削り出しが終わった。 これで明日少し時間が作れる。 脚部の組み立てが終わったらちょっと宝塚まで、ある写真展を見に行こうと思う。 僕の大学の恩師が主宰する写真の会のグループ展。 先生とはもう何年会 […]

Read Full Post »

天板の加工も終わり、面取りと仕上げ研磨まで。これで天板は完成だ。 明日から脚を作る、旋盤作業。 SIGNのオリジナルテーブルとして、旋盤の加工はぜひとも入れたいところ。さあ、回すぞ。 それにしてもこの天板の形は、二度目な […]

Read Full Post »

僕がイメージした船底とは

できあがると多分裏から眺めることはないと思う。テーブルをそんなふうに楽しむ人もいないだろう。 しかし裏面を加工するときには裏から見た感じを意識しているのは不思議。 船底をイメージした形状は実際に使用する際には見た目に薄く […]

Read Full Post »

天板の加工

ナラ材の天板の厚みは40ミリ。結構迫力がある。 そしてその天板に大胆にもこんな加工を加える。ちょっともったいないけど作品だからこそできることで、こんな挑戦的な加工はオーダーメイドだとやはり敬遠される。 これがもたらす効果 […]

Read Full Post »

本棚の納品をして

オールメイプルの本棚を納品してきた。 お客さんの協力もあって心配された搬入も問題なく無事終わり、転倒防止の金具も壁に取り付けた。 メイプルの色合いが白い壁によく似合って、シンプルで直線的平面的なデザインながら優しい雰囲気 […]

Read Full Post »

Older Posts »